外壁塗装やエクステリア〜マイホームをピッカピッカに〜

外壁塗装と塗料の知識

刷毛

業者を選ぶ際は慎重に

安物買いの銭失いとは昔からの格言ですが、これは外壁塗装にも当てはまる言葉とも言えます。 実際塗装と聞くと大した工事をしないように感じますが、塗装範囲だけでも結構な範囲があります。その全面を塗装するだけでもかなり塗料を必要とします。また実際には塗装だけでなく、塗装前に行われる準備を始め下地処理など作業は沢山あります。 そうしたことから適正な作業を行う場合には、大体平均的にいくらくらいかかるという目安がある程度存在します。特別な理由が無いのに、その目安を大幅に下回るような費用を提示しているような業者は、手抜き工事などのトラブルに発展することもあるため注意が必要となります。

かつての日本では住宅において外壁塗装を行う事は、住宅の構造上あまり一般的ではありませんでした。しかし現在においては外壁材としてモルタル塗りや、サイディングが一般的になったことによって外壁塗装も一般的となっています。 そうした中で様々に工夫された塗料も、沢山開発されてきています。現在一般的に用いられている塗料は、シリコン樹脂塗料です。 基本的に外壁塗装に用いられる塗料は、耐久性の高さに比例して値段も上がっていきます。当然耐久性の優れた塗料に越したことはないわけですが、その分上がる値段も考慮した時に、耐久性と値段のバランスからみたコストパフォーマンスからシリコン樹脂塗料に人気があります。 ただし最近では高額であるものの耐久性の優れたフッ素樹脂塗料にも、結果的にはお得になることも多いため、徐々に普及してきています。

人気記事

Copyright© 2017 外壁塗装やエクステリア〜マイホームをピッカピッカに〜 All Rights Reserved.